2012年3月8日木曜日

大学生に強制的に勉強させるのってどーなのよ


このたび、大学分科会大学教育部会が大学生の勉強時間が少ない!ってことでその対策をした大学には財政面で優遇(補助金とかかな?)するよ♪っていうのを2013年度にも適応する予定
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120307-OYT1T00669.htm?from=tw

文科省のHPなど見ても一次情報がないので憶測になるが、この案はどうなのだろうか。
大学側の措置として「自主的に勉強させるのを促す」となると効果が弱いので、「強制的に勉強する時間を取らせる」ということになるだろう。
例えば、今まで通りだと「授業でレポートを多く作らせるようにする」程度だと考えられるが、

勉強時間を増やす方策を講じたりした大学を、財政面で優遇するべきとする

となっているのでもちろん文科省への報告義務があるのだろう。
そうなると、「授業でレポートを多く作らせるようにする」だと少し弱い。
また、

こうした学生の評価を覆してグローバル化時代に対応できる能力を育成するために、大学に対し、学生の知性を鍛える課題解決型の授業の導入など、質の高い教育に転換するよう求めている。

とのことから、課題解決力を養わせたり、TOEIC対策のe-ラーニングにするのではないかなー、と思う。
この場合教授陣の手間はかからないし、問題を解くので「勉強感」がある。そしてなによりも何時間勉強したかがわかる。

さて、そもそもこのように「学生に強制的に勉強時間を作らせる」というのは正しいのだろうか。
2つほど懸念点があって、
まず1つ目は「強制的にやらされることで本当にタメになるのか」ということ。
「グローバル人材を育てる」というのが理念っぽいけど、人に強制的にやらされることを画一的にやってて本当にグローバル人材になれるの?
そもそもこれって散々議論されてきた「詰め込み教育」への再起じゃないの?

グローバル人材という言葉が抽象的すぎて文科省での像がわからんのでとりあえず経団連の学生に求めるグローバル人材の定義っぽいものが書いた資料から借用

・社会人としての基礎的な能力に加え、日々、変化するグローバル・ビジネスの現場で、様々な障害を乗り越え、臨機応変に対応する必要性から「既成概念に捉われず、チャレンジ精神を持ち続ける」姿勢、
さらに、多様な文化・社会的背景を持つ従業員や同僚、顧客、取引先等と意思の疎通が図れる「外国語によるコミュニケーション能力」や、「海外との文化、価値観の差に興味・関心を持ち柔軟に対応する」
こと

・、異なる文化や価値観への関心を持つとともに、日本の文化や歴史、哲学などの学習を通じて、物事を考察する際の基礎となる思考力を身につけている。
大学におけるリベラル・アーツ教育の拡充を通じて、文科系、理系等の専門科目に捉われず、幅広い視野や、基礎的思考力を持つことが重要


えー、長くてかたっくるしいんで大雑把に言うと「ビジネス能力があって、根性があって、柔軟な思考ができて、言語力とコミュ力があって、他の価値観を受け入れ理解する度量があって、日本のこともよく知っていて、文理関係なく知識がある」
・・・どこの超人だよwwwって思わず突っ込みたくなりますね。
まぁ能力面はさておき、姿勢だけみると
「自分の意見を持っていて(自分の頭で考えて)、行動し、問題解決をする」ような人材のことを示すのではないだろうか。
と、なればそれこそ人に強制的にやらされるような勉強しかできないのはどうなの?と思う。

で、2つ目。「自分から目標を定めて努力をする人の勉強時間を阻害する」
学校側から強制的にやらされるということは、その分自分の勉強ができなくなる。と、いうことは「自分から勉強をする人」は阻害される。
・・・あれ、「自分から勉強する人」って文科省が求める「グローバル人材」に近い人なんじゃないの?自分たちからそれを潰しにかかってるんじゃないの?


確かに、強制的に勉強させることで学生全体の学力は向上すると思う。
だけれども、一部の意欲的な学生はその被害を被る。
つまり、今までの日本の出る杭は叩く平等教育と同じく「上の上はいないけれど、みんな中の上」といったようになる。だが本当にそれでよいのだろうか。これから沈んでいくだけの日本に今までにない発想の「天才」を生むには「中の上」の人間だけでよいのだろうか。

上手く「自分から勉強する人」の邪魔をしないで、「勉強しない人」を勉強させられるようなきめ細やかな対応をしてもらいたいと切に願う。


余談!
はじめから「強制的に勉強するようなところ」(例えば厳密には違うが国際教養大学とか)に行きたい人もいるしそれも別にいいと思う。
しかし、そのようなところでない場所、つまり「自由に遊んだり学問を学んだりする場所」を選んだ人に「強制的に」勉強させるのはどーなんよ、って話。というか、「強制的に勉強するところ」って書いたけど自らその場に行くってことは"強制的に"勉強じゃないしね。

0 件のコメント:

コメントを投稿