2012年3月17日土曜日

社会に埋没しない"武器"を持つには?学生レベルのすごいから脱却しなきゃ!


ある知人とウダウダ飲んでいたときにあることの雑談をした。
「あ~、○○さんってすごいっすよねー」
「ああ、あいつはやべぇw」
「俺もあの域にいけたらなぁ」
「さすがにそろそろ今の域から抜けたいっすよねー」

知人も僕も、自分の立ち位置をわきまえてて「まだ凡人の域から出てない」と感じている。
このときにその知人から興味深い話を聞いた。

「たまたま友人のすごいやつの紹介で、若手エリートが集まるクルージング?みたいなやつに乗せてもらったけどマジ埋没したわ。学生の枠組みではまぁちょいちょい色々やってたけど、そんなん社会人から見たらハッ(笑)って感じで何も話せることがなかった。」
この言葉はすごく自分の中に響いた。
学生レベルで多少すごいことをしようと、所詮学生の枠組みなのだ。
そんなもん、社会人からしたらタダのお遊びに等しくて強みでも何でもない。


学生ながらにビジネスマンと対等なことをフリーでしてたり、アフィリエイトで同期の月収を余裕で越していたり、、、そういう人(以下、スーパー学生)は社会人の中でも対等に話せるのだろう。そのノウハウとかの知識を相手に提供できるので、相手からしても聞く価値がある。
だが「○○という学生団体でリーダーしてました!」なんて、学生相手にはスゴイと思われるようなことを言っても社会人からしたら何のメリットもなくて「へー、そうなんだー・・・」と思われるだけだ。

じゃあ、そうならない強みを持つにはどうしたらよいのだろう。
前述のスーパー学生に少しでも近づくにはどうしたら良いのだろう。

スーパー学生らは自分でビジネスを立ち上げている人が多い。アフィリエイトなどのネット活用系はさておき、完全歩合制でコンサルやファイナンシャルプランをしている人などもいる。
このあたりは「しょせん学生だろw」と思われて信用がない。だが、その信用のなさを埋めるために資格の活用がキーになるのではないだろうか。
簿記2級やTOEIC800を取るより大事なことに書いているように、弁護士のように「それがないとできない資格」を除いて資格なんて所詮知識でしかない。
あくまで「最低限の知識はまぁありますよ」という証明手段でしかないのだ。
しかし、例えば「ある資格×ある資格」という組み合わせだとどうだろうか。
例えば、TOEIC900点持ってたので外人に観光案内をしていました、または全国観光案内検定持ってたので観光案内してました。それぞれじゃ弱い。
しかし、TOEIC900点と全国観光案内検定の2つの資格を活かして外人に観光案内をしてました!だと何かそれっぽいしちょっと信頼できる。
そのような上手い証明をすることで学生の信用の穴埋めができるのではないだろうか?

ただ、もちろんこれはあくまで「動く際の信頼をどうするか」って方法なだけで、動かなければ何の意味もない。
一番大切なことは「変に恐れずとにかく動いて何かをすること」
あくまで資格の組み合わせもツールでしかないのだ。

その「動くこと」で自分というブランドを確立して、学生だけでなく社会人の中でも相手に何か提供できるレベルになってはじめて「頭ひとつ抜けた」になるのではないだろうか。

今後日本はどんどん発展途上国に追い付かれていき、個性がない代替可能な"普通の人"はどんどんと賃金が安い外国人に仕事を奪われていく。
そのためにも"普通の人"から脱却し、頭ひとつ抜けなければ生きてけないのではないのだろうか。


余談!
個性・・・つまりみんなと違うことをやるに当たって自分の専攻分野と違うことをやってみるのがてっとり早いような気がする。
哲学科の人が哲学のことを知っているのは当たり前。だけど、哲学をビジネスに持ちこむ人は稀である。
ならば、哲学×ビジネスをするだけで結構簡単に個性になるんじゃないかなぁとも思える。それをしている"普通の人"とは違う視点から物事みれて革新的なアイデアを出せるしね。

というか、体感ではあるが個人的におもしろいと思う人に専門外のことをやっている人が非常に多い。
自分の専門と関係なさそうなことをしていて上手く融合できていて人とは違うから面白いのか、自分の専門と違うことをわざわざやっている人が面白いのか、卵が先か鶏が先か・・・って感じでどっちなのかはわからないけれども。

2 件のコメント:

  1. 弁護士もねぇ、“ただの”武器にしかならない資格になりつつあるわ。司法試験合格した?うん、で基礎的な知識と思考力はあるとして君は結局何ができるの?と。ゆえに、弁護士として何がしたいか、これからの社会を見据えた明確な目的意識をもってなければ就職できなくなってきているという話。

    返信削除
    返信
    1. おお、コメントありがと!
      せやねぇ、例に出したのは一応"弁護士"っていう他の人ができない(資格ないと出来ない)武器が最低限できるからかな。
      でももちろん、弁護士でも薬剤師でも資格ないとできひん仕事内でもまた生き残るための"武器"は必要だよなー。
      イメージ的には、"ひのきのぼう"っていう武器はとりあえず手にしたから今度はそれを銅の剣なり伝説の武器なり、より強い武器にしていくって感じかなー。

      削除