2012年3月15日木曜日

『自己責任』は悪い言葉なのか ~自己への「自己責任」のすすめ~



小泉元総理の時代からよく聞くようになってきた『自己責任』という言葉。
最近だと派遣村とかの話でよく耳にしたが「個人主義的だ!」とか「冷徹すぎる!」と批判が多い。

「自己責任」という言葉は強い。
災害とか、事故被害とかを除いて大抵のことは全く自分に非がないとはいえない。
例えば、詐欺にあった場合はもちろん詐欺をするような人が悪いのだけれども、「被害に会うような警戒心のなさも悪い」と言おうと思えば言える。

そのように情などを切り捨てたら確かに全ての物事の非は多少なり自分にある。そのため、突き詰めれば「自己責任」という言葉は正しい

しかし、それを他人に強要するのは少し違うのでは、とも思う。
前述のように強い言葉であるからこそ、言い返せない。言葉の暴力みたいなものなのだ。
正論ではあるかもしれないが、情や思慮などが一切抜けている
そんなものを他人にしていいわけがない。

ただ、個人的には自分が自分に「自己責任!」と言うのは構わないと思う。
だって自分だもん。「相手」は「自分」なんだから相手のことを考えないもクソもない。
で、なんでタイトルにあるように勧めたいかというと、自分に強要することでちゃんと責任を持って行動ができると共に、失敗したときに何でもかんでも他人に責任転嫁をしなくなる。
責任転嫁なんて何の成長にもならない。そんなのただの非生産的な一時しのぎのストレス解消。

また、責任を自分に帰結させるならば、そこでなんらかの落ち度に気づける。前述のように、ほとんどのことは全く自分に落ち度がないということはない。
先ほどのように詐欺を例に出すならば、泣き寝入りするだけではなく、自分の落ち度に気付けたならば「どうにかできたかもしれない」となる。「どうにもならない」という絶望がなく、気持ちの落とし所を見つけれる。
そして、それを起きないように今後にいかすにはどうしたらいいかと考え学習する。
つまり、成長の機会を自分に提供できる。

と、このように「他人に自己責任を強要はするな。でも自己には責任を課せよ」という矛盾した考え方を持っている。
そこにどう整合性をつけているのかというと、要するに「俺は自己責任として物事を処理するけど他の人はそのあたり勝手にしたらいんじゃね?」的なゆるーい考え方。
つまり「他人に価値観を強要しない。」
それに尽きる。ここに書いているのも含め、あくまで"ススメ"

ただ、政治家とかの場合どうしても全体を見なければいけないので、「最大多数の最大幸福」のために「自己の責任が多い人」に「自己責任」を強要しなければいけない。
そのあたりのさじ加減が難しいよなぁ、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿