2012年4月18日水曜日

何のために生まれて何をして生きるのか



「何のために生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ」という誰でも聞いたことがあると思う某歌詞。
僕は「とりあえず楽しかったら正解」といったスタンスだから、答えとしては「楽しむために生まれて楽しみながら生きる」。

結局世の中なんて楽しんだものがちで、地位とか名誉とかそんなことにはあまり価値を感じない(楽しむための道具として肩書とか利用することはあるけど)

「地位とか名誉があるのを楽しいと思う人もいるのでは?」
と感じる人もいると思う。
じゃあなんで僕の場合これは除外なのかというと、「純粋な楽しいじゃないから」。
地位や権力は結局のところ他者がいて初めて生まれ、優越感だとかそういうことに由来している。更に言えば"他人発の楽しさ"だと思う。
それは"歪んだ楽しい"であって、"純粋な楽しい"ではないように思える。

僕はファッションで何かをしている人も嫌いなのだけれど、これも「本人が楽しそうにしているからいいのでは?」とも言える。
しかし、先ほどと同様に"ファッションでする"というのは純粋にその行為が好きなのではなくて"○○してる俺かっこいい"という他人あり気なものだと思う。だから、行為区分自体は同じことをしていても「周りにかっこいいと思われるからやっているか」「純粋に好きだからやっているか」によって自分の中での判定は違う。

「何故ファッションでやるのが嫌いなのか」ということを掘り下げると、「実際は楽しくないのに楽しいという」といった感じで嘘という歪みが生まれると共に、自分にも嘘をつき騙していることになる。他人を気にしてばかりいてそこに"自分"は介在していないように感じる。

「自分に嘘をついてまで、他人にかっこよく思われたいのか?というか、そんなに周りに流されてばかりで本当に楽しいのか?」
そんな気持ちが、ファッションで何かしている人を見るたびに思う。

ただ、ファッションでやってたとしても完全にファッションのみという人はいない。
例えば、「ボランティしてる私かっこいー☆」が(表面上はどうあれ)メインであったとしても、やはり「人を助けたい」という気持ちは必ずしもある。
だから"ファッション" "ファッションじゃない"と二元論で割りきれるものではない。
だから正直、バッサリと「お前は間違っている、やめろ!」と言い切ることもしづらい。(ボランティアだと「偽善でもなんでもされた側は助かる」という面も絡んでくるし)
そのあたりの自分の中の上手い落とし所は前からの悩み所であったりする。

世の中は二元論では割り切れないのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿