2012年5月29日火曜日

自分が住んでいる国に対して還元しなければいけないという責任が僕らにはある?



僕らは生まれながらに責任を持つ。
例えば、育ててくれた親、友達、先生などなど...
しかし、案外忘れがちなのが『国についての責任』。

道路などの交通機関、警察などの治安維持、医療保険などの福祉、学校などの教育機関などなど。
生活において必ず国から恩恵を受けて僕らはこの日本という国に住んでいる。

これは"国"が公共政策として"日本国民"の"税金"を利用して作られている。そのため、それらを機能させる税金の大元は日本国民であるため、日本を良くすることでその恩恵を社会に還元する絶対的責任が日本に住んでいる限りある。



・・・という話をこの前聞いた。
確かに税金を使ったものを僕らは利用している。
ましてや、僕は小学校中学校高校、はてには大学まで公立なので恩恵を多くもらっているから余計にその責任はあるのだろう。
(国公立はだいたい3/4ほどが税金で賄っている、ちなみに私立は1/2くらい。国公立の理系や旧帝国大学はさらに割合が増える)


納得できるし、もっともな話だ。
ただ、個人的には何か違うと思う。
違うという言葉も何か違うわけだが、少し違和感を覚えた。


「国のお金を使って恩恵を受けている」という感覚が薄い。「税金は勝手に取られるもの」「私立大学より国公立大学の方が安い」「道路などは自然に与えられているもの」という感覚に近い。
そのため、この話を聞いても「あー、ありがたいっす。どもどもwww」くらいは思っても"絶対的責任"とまではどうしても真にせまって感じられない。

本来持って当然で、"絶対的義務"なのだろうがこのような感覚なので、繰り返しになるが何か違和感がある。

更に言えば自分が払っている税金も勝手に取られている感覚で、何かに利用されている感覚が薄い。そのため"税金を利用して僕らは生きている"と言う実感がない。


これはわりと一般的な感覚なのだろうけどやはり持たないといけない感覚なんだろうなぁ、でもなぁ。というゆとり世代のジレンマでした。


【余談】
この感覚が蔓延しているから世の中の人は税金を利用したこと、特に政治への感覚が薄くなってるのかなぁとか思ったり。

【余談その2】
この僕の感覚はようするに、"国への帰属意識が薄い"ということなのだろう。
近場の友人や家族へのコミュニティに属している感覚はあるが国にはない。
世代論の話を読むと若い世代になればなるほど、友人などの近場のコミュニティ、つまり横への帰属はあるが、会社や学校、国など大きなもの普遍的なものである縦の帰属意識が薄いらしい。
そのため、今後この感覚はさらに蔓延していくのではないかと思った。




【余談その3】
国への帰属意識はなくても近いコミュニティへの帰属意識はある。
だから、その近いコミュニティを大事にし恩恵を還元することは、国民全部といわないまでも"国民の一部"に還元することとなる。ならば、それは最終的に国に還元していることにもなるような気もする。

【余談その4】
俺「リバタリアンってどう思います?」
その人「あいつらはクズ。」


2 件のコメント:

  1. 今の日本の平和は先の大戦で連合国の
    悪意によって殺された300万人の命の上に
    成立っているのではないでしょうか
    その犠牲があったからこそ、我々は今こうして
    豊かな生活をしているのだと思います。
    殺された物言わぬ人々の多くは
    自分たちが死んでも、せめて家族は...と
    願ったのではないでしょうか。
    そしてその家族の子供、子孫が、
    今を生きる我々なのだと思います。 
    私はこの受けた恩に報いるために
    日本社会に還元し、平和で安全な日本を
    次の世代へ継がせたいです。

    返信削除
    返信
    1. 税金からの還元という現在のことに関して書きましたが、確かにこの国を護り未だ日本という国を継続させれているのは先の大戦で戦った人々、特に自らを犠牲にした英霊の方々のおかげですね。

      現在間での社会循環だけではなく、先人の志を受け継ぎ日本という社会を継続させるという面でも還元しないといけない、ということが抜けておりました。新たな視点、ありがとうございます。

      削除