2012年7月16日月曜日

何も考えてない綺麗事を声高に上げるのはやめろ


世の中には綺麗事が多数あります。
「戦争はいけないことだから軍を今すぐ解体しろ」
「みんな平等」
「いじめられたら通報したらいいだろ、傷害だし公的機関だから教師と違って絶対動くから解決するだろ」
確かにその通りです。それそのものは正論です。
ただ、現実に則して考えるとどうでしょうか。

この世の戦争は"あり"ます。
何故あるかというと、起こす人たちのイデオロギーなり利権なりの欲や感情があります。
そのため、僕たちが人間である限り、さらに言えば動物である限り当たり前に持つ感情だから避けられないです。
「私は戦争をしてまで誰かを傷つけたくない」とある人は思っても、そう思わない人は必ず"います"。
世界中の人間の意思を統一する方法があるのならば話は別ですが、そんなもの夢物語です。

そんな夢物語な世界を作るための行動よりも、それらが"ある"ことを前提として、どうしたら良くなるかを考えるべきではないでしょうか。
理想は理想、現実は現実。理想に近づける現実を模索して動くべきではないでしょうか。
世の中には、理想"だけ"を声高に上げ、現実に当てはめたときのことを考えずそれを絶対的正義だとし押しつける人が多すぎるように思えます。

【補足】
軍は解体しろ→前述の理由でどこかの国は必ず軍を持つ。そのときに、軍を解体した国はどうやって自分たちを守るのか。

みんな平等→人の能力は平等じゃない。生まれも平等じゃない。高みに登ろうと頑張る人もいれば甘えてばかりで何もしない人もいる。さらにいえば、人である限り人より上にたとうとする者はいる。

いじめられたら通報→通報したあと、そのいじめられた子は周りからいじめられてないときと同じ環境にみれらない保障はあるのか。

0 件のコメント:

コメントを投稿