2012年9月24日月曜日

僕らの世代がこの先生きのこるには

「希望の国のエクソダス(村上龍/文春文庫)」を読んだ。
  

話としては、2002年にパキスタンにいる日本人青年が発見された。 「この国には何でもある、ただ、『希望』だけがない」と彼は言う。
そのため、「生きる喜びのすべて、家族愛と友情と尊敬を誇り、そういったものがあり、敵はいてもいじめるものやいじめられるものがいない」パキスタンに日本を脱し、現地人となじみ在住しているようだ。
 そして、彼の言葉に共感して全国の中学生が学校を捨て、インターネットを使い自分たちでネットワークを作り金儲けをし、自分たちの『希望の国』を作った。
そんな話。

 日本は経済的に行き詰まっている。そして、社会的にも行き詰っている。 しかし行き詰まり未来が見えないにも関わらず既存のシステムのまま子どもにもそのままの教育をしている。
 中学生グループの中心人物であるポンちゃんは「生きていくために必要な物がとりあえずすべてそろっていて、それで希望だけがない、という国で、(戦後のようなものがなく)希望しかなかった頃とほとんど変わらない教育を受けているという事実をどう考えればいいのだろうか、よほどのバカで無い限り、中学生でそういうことを考えない人間はいなかったと想います。」と言う。
 そして、「子どもの場合ですが、とりあえず大人のやり方を真似るっていうか。参考にしていく以外に生き方を考えることができないわけで、要するに、(未来を示すことが出来ない、自身の無い今の大人は参考にできないので)誰を真似すればいいのか、みたいなことがまったくわからなくなっているわけです。」とも言う。 

親や教師といったような”大人”は「勉強をして、良い大学に入って、良い会社に入る」ことを教える。しかし、それは昔のように安定した社会・発展していく社会での話だ。
今の日本ではこの”大人が示す道のり”ではやっていけない、なぜなら前提である社会の様子が変わっているからだ。
 そのため、ポンちゃんは自分たちで今の社会に合う(中学生が求める)教育機関を作る。 繰り返すが、今の社会は終身雇用をはじめとした『バブル期に作られた成長ありきの社会の仕組み』をそのまま使っている。

 『希望の国のエクソダス』はもちろんフィクションの存在ではあるのだが、実際に僕達も”いまの社会に適した”社会の仕組みを使い様々な不備が起きている。
しかし、大人からしたらそれを変えない方が都合が良い。そして、就職難などの世代間格差といったように、それらのツケ、大人の尻拭いを社会的弱者である若者に降りかかっている。

 このような状況で僕らはどうしたらいいのだろうか、となるとやはりポンちゃんのように既存の社会のシステムとは違う社会を作り、そこにエクソダス(脱出)しなければいけないのではないだろうか。
と、いうよりそうしないと若者、ひいては日本の未来はないのではないだろうか。 今は、バブル崩壊後に産まれた僕らの世代が20歳を越えそれなりに力を示せるような過渡期である。
だからこそ、僕たちはこれからの日本、そして自分たちのために今までの”常識”とは違った何かを作り上げて行かなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿